NEWS

「マスター」600万人突破!

映画「マスター」(原題)
 
 

600万観客突破!

新作攻勢にも冷めない興行の熱気

俳優たちの600万突破記念写真公開!

 

新年になってからも、とどまることを知らない「マスター」(原題)が公開17日目である1月6日(金)午後2時30分に観客動員数600万人を突破した。

【監督:チョ・イソク| 制作 映画社 Zip | 提供/配給 CJエンターテインメント】


「マスター」(原題)公開17日目にして観客動員数600万人突破!

次々と公開される新作の中でも、とどまることを知らない興行の勢い!

600万突破記念写真公開!興行の底力を見せつける!

 

「マスター」(原題)は建国以来最大規模の兆単位の詐欺事件をめぐり、これを追う知能犯罪捜査隊、稀代の詐欺師、そして彼のブレインまで、騙し騙される追撃を描いた犯罪娯楽アクション映画だ。幅広い年齢層から支持され、とどまることを知らない興行突風を巻き起こしながら冬の劇場街を占領している「マスター」(原題)が公開17日目である1月6日(金)午後2時30分に観客動員数600万人を突破した。12月の公開作の中で歴代最短期間である公開3日目に100万、4日目に200万、5日目に300万、9日目に400万、12日目に500万人の観客動員数を突破しながら、圧倒的な興行パワーで連日新記録を更新し、17日目、ついに600万人を突破した。次々と新作が公開される中でもその勢いが衰えない。

公開前からイ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンが共演することで話題を集めた「マスター」(原題)は魅力的なキャラクターたちが、お互いを追い、追いかけられながら予測不可能な追撃戦と俳優たちの熱演、そしてソウルの都心とフィリピンを背景にした大規模ロケーション、アクションでスカッとする快感を与える。特に現在の国内情勢にモヤモヤしている人々に痛快な満足感とカタルシスを感じさせることで、老若男女を問わず支持されながら興行の勢いを維持している。
 




一方、600万突破を記念してチョ監督と俳優たちが観客に感謝の心を込めた記念写真を公開し、注目を集めている。チョ監督とカン・ドンウォン、キム・ウビンは、それぞれのキャラクターの名前が刻まれたキャップをかぶり話題を集めている。劇中でタフな魅力で観客を虜にした女優オム・ジウォンとチン・ギョンも写真で感謝の気持ちを伝えた。公開16日目にして600万人を突破した「マスター」(原題)は年が明けても、興行の勢いを保つだろう。

韓国を揺るがした詐欺事件という現実的な素材と魅力的なキャラクター、ち密な追撃戦で好評一色の「マスター」(原題)。悪い者、その後ろに隠れている、もっと悪い者まで、すべて捕まえるために最後まで追いかける過程を見せることで、現在の国内の状況にモヤモヤしている国民にカタルシスを感じさせる。それは、イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビン、そしてオム・ジウォン、オ・ダルス、チン・ギョンなど最高の俳優たちが完璧なシナジー効果を見せていることに加えて「監視者たち」を演出したチョ監督の計算しつくされた演出力があったからだろう。


映画情報
タイトル : マスター(Master)
監督 : チョ・イソク
出演 : イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビン、オム・ジウォン、オ・ダルス、チン・ギョン
提供/配給 : CJエンターテインメント
制作 : 映画社 Zip
公開 : 2016年 12月 21日
観覧等級 : 15歳以上観覧可