NEWS

米国大型エージェンシーCAAと専属契約を締結

俳優カン·ドンウォンが米国大型エージェンシーCAA(Creative Artists Agency)と専属契約を締結したと、
米国芸能メディアVarietyが23日(現地時間)報道した。

カン·ドンウォンは、韓国の大手エンターテイメントであるYGエンターテインメント所属で、
韓国と日本以外の海外活動はCAAが担当する。

Varietyは「カン·ドンウォンが韓国を代表するスター俳優の隊列に合流した」と報道。
モデルとしてデビューし、演技者に転向したカン·ドンウォンの履歴と
『新感染ファイナル・ステージ』、『チョン·ウチ時空道士』、『華麗なるリベンジ』、『群島』などの代表作を紹介した。

カン·ドンウォンは2020年ヨン·サンホ監督の映画新感染ファイナル・ステージ』に出演し、
2022年公開予定で是枝裕和監督が演出した『ベイビー・ブローカー』の公開を控えている。

Variety 記事全文↓
https://variety.com/2022/film/news/gang-dong-won-caa-1235212259/amp/