NEWS

『人狼』(原題)キャラクタースチール公開!

キム・ジウン監督作品

『人狼』(原題)

最精鋭特技隊員カン・ドンウォン、

キャラクタースチールカット公開!

人間と獣の道の間で葛藤!

 

 

キム・ジウン監督の新作であり、カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨル、ハン・イェリ、チェ・ミンホなど個性的な俳優たちの共演で期待を集めている『人狼』(原題)が
カン・ドンウォン演じるキャラクター‘イム・ジュンギョン’のキャラクタースチールを公開した。 

(制作:ルイスピクチャーズ(株)| 提供:ユニオン投資パートナーズ(株)| 

共同提供 / 配給:ワーナーブラザーズ コリア(株)| 監督:キム・ジウン)

 

 

彼でなければならない人間兵器に命を吹き込んだカン・ドンウォン!

キム・ジウン監督カン・ドンウォンが強化服を着て出てきた瞬間、ビビッときた。

カン・ドンウォン今までになかった姿、新しい映画で戻ってきた。早く観客に観てもらいたい。

                      
 
                 



            

映画『人狼』(原題)は韓国と北朝鮮が統一準備5カ年計画を宣布したあと、反統一テロ団体が登場した混沌の2029年、警察組織‘特殊機動隊’と情報機関である公安部を中心にした絶対権力機関の間の息の詰まる対決の中、
狼と呼ばれる人間兵器
人狼の活躍を描いた作品。

映画『ゴールデンスランバー』(原題)、『1987、ある闘いの真実』、『MASTER/ マスター』、『隠された時間』、『華麗なるリベンジ』など、カン・ドンウォンは毎回新しいジャンルに挑戦し、唯一無二、彼だけが表現できるキャラクターを演じ観客を虜にした。今回の映画でも人間兵器に命を吹き込み、狼の仮面に人間の心を隠した、新しいキャラクターを披露する。 
 

カン・ドンウォンが演じる‘イム・ジュンギョン’は南北統一を前にした2029年の混沌期、新しい警察組織‘特技隊’創立1年後、5名の少女が死亡した‘血の金曜日’でトラウマを抱える人物。任務遂行の途中にセクトの爆弾運搬組‘赤いマント’少女が自爆し、少女の遺品を渡すために少女の姉である‘イ・ユニ’にあって獣になるよう強要する任務と彼女に惹かれる人間の心の間で揺れ動く。今回の作品でカン・ドンウォンは40キロを超える強化服を着用し、狼と人間の間、その境界線に立った‘イム・ジュンギョン’を、彼にしかできないパフォーマンスと感性で完成させる。

 

カン・ドンウォンは 人間の道と獣の道の間で葛藤するキャラクターに疑問を投げかけるよりは自ら論理を作り上げて悩み、表現した。今までなかった姿、新しい映画を観客に披露できると思う。とキャラクターと映画に対する愛情を語った。


『人狼』(原題)は7月25日に公開する予定だ。 

 

INFORMATION

タイトル: 人狼 (仮題)

監督: キム・ジウン

出演: カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨル、ハン・イェリ、ホ・ジュノ、チェ・ミンホ 他

原作: 押井守, BANDAI VISUAL & Production I.G 制作 長編アニメーション『人狼』

提供: ユニオン投資パートナーズ(株)

制作: ルイスピクチャーズ(株)