NEWS

「隠された時間」写真公開

隠された時間(原題)
 
 

時間が止まった世界に閉じ込められ

‘ソンミン’と‘テシク’の

喜怒哀楽スチールカット公開!

繊細な感情表現で観客の心を揺るがす

 

失踪した13歳の少年が数日後、大人になって戻ってくるというファンタジー的な設定と、彼が経験した時間の止まった世界に対する関心で注目を集めている映画「隠された時間」(原題)。時間の止まった世界に閉じ込められながら、喜怒哀楽を共にしたソンミンとテシクのスチールカットが公開された。


【監督:オム・テファ| 制作 : BARUNSON E&A | 提供/配給 (株)SHOWBOX】

"最初は、面白かったと思う"
時間の止まった世界に閉じ込められた13歳の少年ソンミンとテシクの哀楽

「隠された時間」(原題)は疑問の失踪事件後、時間が止まった世界に閉じ込められて、数日後大人になって戻ってきた‘ソンミン(カン・ドンウォン)’と彼の言葉を唯一信じた少女‘スリン(シン・ウンス)’の物語だ。公開と共に観客から絶賛されている「隠された時間」(原題)。時間の止まった世界の中でお互いを頼りながら耐えてきた‘ソンミン’と‘テシク’の話が観客の心をつかんでいる。

「隠された時間」(原題)で、ある事件により時間が止まった世界に閉じ込められて生きる13歳の少年‘ソンミン’と‘テシク’は自分たちを除いて時間の止まってしまった世界に戸惑いながらも、すぐに適応する。ソンミンとテシクが止まったバスの上に登って叫びながら楽しむスチールカットは、普段食べたかった食べ物を食べたり、漫画を読むなど、時間の止まった世界を楽しむ少年たちの天真爛漫な姿で目を引く。誰もが一度は想像したことがある‘時間の止まった世界’を描いた「隠された時間」(原題)は観客に今までにない楽しさを与える。もう1枚のスチールカットはテシクが海辺で泣いているカットだ。何でもできると思っていたテシクが、時間の止まった世界では何もできないことを少しずつ悟り、かけがえのない人たちと会えないかもしれないという不安で悲しむ姿は観客の心を強く揺さぶる。

"いくら待っても時間が戻らない" 
長い間、お互いを頼りながら希望と絶望を経験した‘ソンミン’と‘テシク’の喜怒


時間の止まった世界で寂しさと不安の中、長い時間を過ごし大人になったソンミンとテシク。大人になったら現実に戻れるだろうという希望を胸に明るい表情で街を歩くスチールカットは彼らの希望に満ちた気持ちを伝えている。しかし、いくら待っても時間が戻らないことに絶望し、悲しみにふけるソンミンとテシクの姿は見る人までも悲しくさせる。 もし時間が止まったらどう感じると思うか?という質問に対して、カン・ドンウォンは"間接的に経験した時間の止まった世界をとても深刻なものだと受け止めた"、オム・テグは"映画のように時間が止まったら本当に戸惑うと思う。僕だったら、最初に両親のところへ行くと思う。"とインタビューで答えている。映画を見た観客は"寂しかった。改めた考えた時間の意味"(NAVER_song***), "感情面を俳優たちが見事に演じていた"(NAVER_kluc***), "すべてが止まった世界で長い時間を生きた子供たちを想像すると胸が痛い"(NAVER_chae***), "隠された時間を繊細に演出していて感動的だった"(NAVER_spir***), など、時間の止まった世界に閉じ込められた人物の演技に共感していた。時空の止まった世界と、その中での話を繊細に、かつ現実的に描いた「隠された時間」(原題)は観客に忘れられない余韻と感動を伝えながら熱い反響を呼び起こしている。

初めてファンタジー的な要素を持つ映画に挑戦したカン・ドンウォンの純粋な変身と2016年最も輝く新人女優のシン・ウンスのスペシャルな魅力が観客の心をつかんで離さない。
 

映画情報
タイトル : 隠された時間(原題)
監督/脚本 : オム・テファ
出演 : カン・ドンウォン, シン・ウンス
提供/配給 : (株)SHOWBOX
制作 : (株)BARUNSON E&A
公開 : 2016年 11月 16日
観覧等級 : 12歳以上観覧可